レーズンの効果は動脈硬化予防だけでなく、疲れにくくなる

レーズンの効果は動脈硬化予防だけでなく、疲れにくくなる

レーズンはブドウを天日干しして水分を飛ばしてありますので、栄養がギュッと詰まったドライフルーツです。
レーズンをつくる際に、水分を飛ばしているので、1kgのブドウから200gのレーズンしか取れないのです。

 

食生活の欧米化により塩分やカロリーの高い食事が多くなってきていますので、高血圧や動脈硬化などを引き起こしやすくなっています。

 

そこに、レーズンに含まれるカリウムという栄養素が体内に溜まった余分なナトリウムを排出してくれますので、高血圧や動脈硬化の予防につながります。
また、カリウムが不足することによって体が疲れやすくなったり、むくみやすくなりますので、動脈硬化などの予防だけでなく日々の生活で疲れにくくなります。

 

つぎに、レーズンの皮にはレスベラトールというポリフェノールの一種が含まれており、ポリフェノールの効果により、アンチエイジング効果や美白効果、心臓病や糖尿病の予防にも効果的です。

 

ほかにも、レーズンにはブドウ糖がレーズンの栄養素の70%も占めており、豊富に含まれていますので、スポーツや勉強などを行って疲れたときにすぐにレーズンのブドウ糖でエネルギーを補給することができますし、食事の後などに胃や腸などの消化器官に血液が集まり脳への栄養供給が不足してしまって睡魔に襲われそうになるときでも、レーズンを摂取することによって脳へブドウ糖をすばやく供給することができますので、食後でも睡魔に襲われにくくなります。

 

 

レーズンには酒石酸がが豊富に含まれており、これは結腸まで消化されずに届き、食物繊維と相互作用することにより、結腸がんの予防や大腸の働きを改善してくれる効果があります。

 

 

このように、レーズンには、カリウムが豊富に含まれているので動脈硬化や高血圧の予防、体を疲れにくくしてくれる効果や、ポリフェノールによりアンチエイジングや美白効果と若々しさを保つ効果もありますし、レーズンの栄養素のほとんどがブドウ糖になりますので、エネルギーの吸収も早くスポーツや勉強の合間や終わったあとに食べることによってエネルギー不足を補えます。

 

 

レーズンにはすばらしい栄養効果がありますので、健康を維持していく上で補助食品として摂取するのが望ましいです。