痩せたいという思いをかなえてくれる身近な存在、お酢

痩せたいという思いをかなえてくれる身近な存在、お酢

ダイエットしたい、痩せたいという思いをかなえてくれる身近な存在がお酢です。

 

 

体の新陳代謝が衰えてきますと、脂肪を燃やすことが難しくなってきます。そんな、代謝の悪さを改善してくれるのが、身近にあるお酢なのです。穀物酢、米酢、リンゴ酢、黒酢、など沢山のお酢が販売されています。どんなお酢にも、脂肪を燃やし、代謝を高める効果がありますから、家にあるお酢で先ず試してみてください。購入されるのならば、リンゴ酢など果物のお酢が飲みやすいのでお勧めです。

 

 

飲み方としましては、朝起きて、朝食のあとに、お酢1に対して、お水は10以上の割合にして飲みましょう。冬ならば、お水をぬるい温度に温めるのも良いでしょう。お酢を飲んでしばらくで、体が温まりだします。これは、代謝があがっている証拠です。しかし、お酢を飲みますと、代謝があがるのは良いのですが、食欲が増進してしまう、というデメリットもあるのです。

 

 

そこで、食事の後にお酢を飲まれた後で、ガムを噛んでみてください。ガムを噛んでいる間には、唾液が出ますから、酸で胃をいためる予防になりますし、食欲を抑える効果があるのです。お腹が空きそうだけれども、ダイエットしたい、という場合には、小さな小粒のミント系ガムを噛んでおきますと、空腹感は随分と抑えられます。そして、小粒タイプのガムでありましたら、ガムを噛んでいる、という行動も周りにはあまり知られずに噛んでいることができます。

 

 

トレーニングなどを生活に取り入れる場合には、お酢を飲んだ直後に行いますと、新陳代謝がより活発になりますから、脂肪の燃焼がより期待されます。暑い季節には、お酢を飲まれた後に、いつも以上に汗をかくこともありますから、水分の補給もしっかりと行いましょう。そして、どんなに効果があったとしても、お酢は一日一回、10CC以下に対してお水はその10倍以上、という分量を守りましょう。

 

 

濃いお酢は、胃を傷めてしまう可能性がありますので、絶対に避けましょう。お酢を飲み始めてから、痩せてきた、燃焼している、という実感があるからといって、沢山のお酢を取り入れてしまうのは危険です。たっぷりの水でしっかりと薄めて胃壁を守りながら代謝をあげていく事が脂肪燃焼を続けていく事のポイントです。お酢ならばどんなお酢でも大丈夫というところが、最も安価なダイエットの一つです。普段から料理に使わない、という方にはぜひおすすめのダイエット方法です。