憂鬱なニキビを少しでも早く解消できる方法

憂鬱なニキビを少しでも早く解消できる方法

ニキビが出来ると気分が憂鬱になりますね。ニキビがポツポツと出来て膿がたまることもあります。その周辺が炎症を起こすと張れたり、発赤が出来ることもあります。気になって触ってしまうと、より悪化することがあるので、我慢をするしかないのが現実です。

 

しかしその憂鬱なニキビを少しでも早く解消できる方法をご紹介します。

 

その方法の一つが、ワセリンパックをする方法なのです。ワセリンは薬局などで手に入るものです。保湿力が強いと言われ、赤ちゃんにも老人にも使用できる肌に優しい物ですね。そのワセリンを使用してパックをするのです。

 

パックをする時間帯は、入浴前です。入浴前は毛穴が開いていないので、パックなんて無理なのでは?と思う人も多いでしょう。しかし入浴前にニキビ部分にワセリンを塗りこむ、その上からサランラップでパックをする、そうするとニキビ部分がだんだんふやけてくるのです。そして硬く張っていたニキビの盗聴部分の皮膚が柔らかくなるのです。その結果実際にお風呂に入って、洗顔をした時に、ニキビの部分の膿が自然に出てきて来ることもあるのですね。自分でいじったわけではないので、化膿することもありません。また自然に出てくるので、痕に残りにくいです。

 

この方法を試すには、ニキビがまだ小さいうちに行う方がいいですね。ニキビが大きくなると痕に残りやすくなってしまうからです。またもっと効果を出したい時には、ワセリンを塗る、そしてサランラップを巻いた後に温タオルを乗せて保温しておくといいでしょう。ゆっくり毛穴が開いて言って、入浴時の洗顔の時に汚れを落とすことが出来るのです。

 

洗顔の時には強くこすってはいけません。あくまで泡で優しく汚れを落とします。もしも一度でニキビの汚れが落とすことが出来なければ、無理に落とす必要はありません。また次の日に持ち越して落とすといいですよ。
ニキビはいじらない、つぶさないが鉄則です。そのために自然に汚れが浮いてくるようにワセリンを使用するといいのです。