人生最後のダイエットにするための2つのコツ

人生最後のダイエットにするための2つのコツ

数々のダイエット方法を試し数々のダイエット方法で失敗してきた方必見のダイエットを成功に導く2つのコツを伝授致します。
今実践しているダイエットで効果が出ない方は是非ダイエット方法を見直してみましょう。

 

間違ったダイエット方法を行うと体重が落ちないだけでなく、リバウンド時に増加の恐れもあります。
これで人生最後のダイエットにしましょう。

 

人生最後のダイエットにするための2つのコツです。

 

ダイエット

 

カロリー制限は落とし穴!?制限するのはカロリーではなく糖質!

 

こんな人いませんか?

 

太っているのに食事量や食事回数が少ない。でもなかなか痩せない。
そうです。これこそカロリー制限の落とし穴なのです。

 

1日に摂取するカロリーを少なくするとはじめは体重が落ちていきます。

 

ですがこのカロリーを少なくした状態を続けますと、人間の生存本能が働き、身体が飢餓状態となります。
こうなりますと身体が少ない食事からより多くのエネルギーを得ようとするだけでなく、身体がエネルギーを溜め込もうと働きだします。
つまりは痩せにくく、太りやすい体質になってしまうのです。

 

こうならないためにカロリー制限、食事制限でなく、糖質制限をはじめてみましょう。
糖質制限はその名の通り糖質を減らします。糖質は砂糖はもちろん、米や小麦製品、根菜類や果物に多く含まれています。
ですが糖質制限の良いところは食事量は減らさなくて良いところです。

 

むしろ魚やお肉類、野菜などしっかり食べましょう。最低でも自分の基礎代謝くらいは食事するように気をつけましょう。

 

リバウンドしにくいボディメイクトレーニング!

 

リバウンドをさせない為には運動が重要です。ですがウォーキングやランニングなどの有酸素運動はリバウンドしにくい身体づくりには向いていません。
確かにカロリーは消費しますのでランニングなどを実践している間は体重が落ちていきます。

 

ですがランニングなどをやめてしまうとカロリーの消費がなくなるので、リバウンドしやすくなってしまいます。
また長時間の有酸素運動はコルチゾールというホルモンが分泌されることにより筋肉が分解されやすくなります。
そうなると筋肉量が減り、基礎代謝が落ちてしまいます。

 

これではリバウンドしやすくなってしまいます。

 

ですのでリバウンドしにくい身体をつくるには筋力トレーニングによる基礎代謝のアップが必要と言えます。
もっともオススメのトレーニングがワイドスクワットと言われるトレーニングです。
通常のスクワットよりも大きく足を開き(肩幅の1.5倍くらい)つま先も外に向けます。

 

そのままゆっくりと股割りをするような形で体を落としていき、お相撲さんの四股のようになります。
その後はゆっくりと体を元の体制に戻しましょう。
海外でスクワットチャレンジと言うのが流行っており効果絶大です。

 

やり方は1日目は5回、2日目は10回、3日目は15回という風に回数を足していきます。3日したら1日休む日を入れて、また回数を足していきます。
一ヶ月もやりますと月末くらいに途方もない回数になってきますので、連続じゃなくても大丈夫です。
1日でノルマを達成出来るようにしましょう。

 

一ヶ月でも大きく効果を発揮します。

 

 

ダイエットに一番必要なのも根気です。しっかりと継続することではじめて効果が現れます。
正しいトレーニングを行えばパーソナルジムで高い金額を出さなくても大幅のダイエットを行えます。
ぜひ実践してみてください。

 

 

キミエホワイトプラス